臨床における倫理に関する方針
基本的人権はもとより当院の定めた『職業倫理規定』、『患者さんの権利と責務』、『個人情報保護に関する院内規定』等に基づき、全ての職員が臨床における様々な問題に対応し、患者さんにとって最も望ましい医療を適切かつ十分に提供できるよう、臨床における倫理に関する方針を以下の通り定める。


1. 患者さんの基本的人権の尊重
  患者さんの社会的背景や個別的で多様な価値観にも配慮し、基本的人権を守りながら診療を行っていきます。
2. 診療過程における倫理的課題への留意
  患者さんの診療を行ってゆく過程で、倫理的課題の有無に十分留意しながら診療を行っていきます。
3. 法令と院内規程の遵守と関係規範、指針の尊重
  診療や倫理的課題の検討に際しては、関連法規や院内規程を遵守し、関係する種々の規範を尊重し、関連指針を参照しながら進めていきます。
4. 医療倫理4原則の尊重
  当院では、医療における倫理的指針として以下に示す4つの原則に従って、様々な倫理的課題の検討を行っていきます。
 
1) 患者さんの自立性尊重(自己決定権の尊重)の原則
 
患者さんが自己の治療方針を決定していく際に、自由な意思に基づいた自立的な判断ができるように、十分な説明を行った上で、患者さんの同意を確認しながら診療を行っていきます。
患者さんの個人情報保護に十分注意しながら、診療を行います。
2) 患者さんに最大限に利益をもたらす原則
  患者さんの利益に資するように行動していきます。
3) 患者さんに危害を加えないように行動する原則
  患者さんに対して肉体的、精神的危害を加えることのないように、十分留意しながら安全な医療を目指していきます。
4) 患者さんに医療を公平、平等に提供する原則
  すべての患者さんを差別することなく、公平、平等に医療を提供します。
5. 多職種による倫理的課題の民主的、集団的検討
(倫理ケースカンファレンス、倫理委員会)
  診療過程の中で倫理的課題を検討していく際には、一人の職員による判断に依拠することなく、当該課題に関与する多職種かつ複数の職員による対等な関係のもとで、適宜倫理委員会の助言や支援を受けながら、主体的、客観的に検討していきます。

▲ページの先頭へ