職業倫理規定
我々病院に働く者は、地域の人々の健康を守るために、限りない愛情と責任をもって最善の努力を尽くさなければならない。この使命を達成するために、我々が守るべき行動の規範を以下の通り定める。


1. 医療の質の向上
  医療の質の向上に努め、人格教育を高めることによって、全人的医療を目指す。
2. 医療記録の適正管理
  医療記録を適正に管理し、原則として開示する。
3. 権利擁護とプライバシ−
  病める人々の権利の擁護と、プライバシ−の保護に努める。
4. 安全管理の徹底
  病院医療に関わるあらゆる安全管理に、最大の努力を払う。
5. 地域社会との連携の推進
  地域の人々によりよい医療を提供するために、地域の人々とはもちろんのこと、地域の医療機関との緊密な連携に努める。

▲ページの先頭へ