循環器・心臓内科

・日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
・日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)研修関連施設
循環器・心臓内科の概要
心臓病の検査
担当医
心臓病の治療
  ・狭心症・心筋梗塞の治療
  ・不整脈の治療
  ・腎動脈・末梢血管の治療
診療実績

[循環器・心臓内科の概要]
 心臓疾患(狭心症・心筋梗塞・心不全・不整脈など)を中心に、大動脈や血管の病気、高血圧症を対象とする科です。具体的には息切れ・むくみ、胸・背中の痛みや圧迫感、一過性のめまいや失神、動悸や脈の乱れ、歩行時の下肢の痛みなどの症状の方が受診されます。また健康診断での心電図異常や高血圧、高脂血症を指摘された方も受診されます。
 総勢9名のスタッフで、循環器救急にも対応いたします。また患者さんがいつでも安心して地域のホームドクターにおかかりいただけるよう、地域のホームドクターとの勉強会、交流を積極的に行い連携を深めています。

心臓カテーテル検査・治療
カテーテルと呼ばれるビニール製のやわらかい菅を用いて、造影剤を注入し、冠動脈の狭窄・閉塞の有無・程度を調べる検査です。狭窄部の情報をより正確に把握でき、最終診断、治療方針の決定に欠かせない重要な検査であり、適応があればそのまま治療に移行することもできます。

特色ある治療
 循環器専門医でチームを編成し、とくに虚血性心疾患(狭心症・急性心筋梗塞)の診療に力を注いでいます。心臓超音波検査、運動負荷心電図(トレッドミル)、心臓カテーテル・冠動脈造影検査等にて迅速に診断し、精力的に冠動脈インターベンション(バルーン拡張術・ステント留置術)を行っています。不整脈に対しては、頻拍性不整脈(心房粗動・発作性上室性頻拍・心室頻拍)に対する高周波心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)、徐脈性不整脈に対するペースメーカー植え込み術を行い、良好な成績を得ています。末梢血管に対する治療も積極的に行っており、腎動脈狭窄症や閉塞性動脈硬化症に対して、腎動脈形成術(PTRA)・四肢動脈拡張術(PTA)を施行しています。


外来診療担当表へ

▲ページの先頭へ