消化器内科(胃・大腸内視鏡)
主に胃、大腸、肝臓、胆のう、膵臓などの消化器系臓器を中心に診療しております。
胃、大腸は最新鋭のハイビジョン画像を備えた内視鏡装置を用いて、丁寧で苦痛のない検査を行い、ポリ−プ早期がんに対しても、適応があれば積極的に切除しています(→内視鏡症例数、治療症例数をご覧ください)。また、超音波装置や高解像度のCTで肝臓、胆のう、膵臓などに対しても質の高い検査ができ、疾患の早期発見にも貢献しています。

内視鏡検査
上部消化管内視鏡検査は、一般に胃カメラと呼ばれ、今日では上部消化管(食道、胃・十二指腸)の病気の診断や治療には無くてはならないものになっています。下部消化管内視鏡検査は大腸ポリープ・炎症疾患などの病気を見つけ、診断するのに非常に有用な検査です。また、組織の一部を採取したり、病変の切除なども行います。
 
ファイバースコープ普通径・細径
診断精度を維持しながら、患者さんのニーズにきめ細かく対応しています。


担当医

筋田 和文
(院長)

日本消化器内視鏡学会専門医、指導医
日本消化器病学会専門医  
日本肝臓学会肝臓専門医  
日本内科学会認定医
野田 裕児
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化管学会胃腸科認定医
日本内科学会認定医
     
 
外来診療担当表へ
検査医担当表へ


大腸ポリープ
大腸ポリープは大腸粘膜から突出した限局的隆起の総称です
(例えば右の図のような形態に大きく分かれます)。
組織検査をすると、腫瘍性のものと非腫瘍性のものがあります。腫瘍性のものは大半が腺腫といわれる良性の腫瘍ですが、将来的に腺腫の一部分は癌になる危険性がありますので、内視鏡的に切り取ったほうが安心です。大腸ポリ−プが小さい時には全く自覚症状はありませんので、内視鏡等で検査しないと発見できません。特に、ご親族に大腸ポリ−プや大腸がんで手術等をうけられた方がいらっしゃる場合は、一度検査を受けてみてください。
有茎型大腸ポリ−プ切除例(ポリペクトミ−)


早期大腸がん
大腸がんによる死亡率は年々増加しており、2003年には女性では胃がんを抜いて悪性新生物による死亡原因の第一位となっており、男性でも近い将来一位となると予想されています。しかし、大腸がんは自覚症状のない早い時期(早期大腸がん)で発見できれば、救命できる可能性が高くなるだけではなく、外科手術をせずに体への負担の少ない内視鏡治療のみで治療(治癒切除)できる可能性のある疾患でもあるのです。年齢的には男女とも40歳から大腸がん死亡率が増加し、50歳代から急増していますので、早期がんを見つけるためには40歳をめどに、内視鏡検査を受けられることをお勧めします。
早期大腸がん治癒切除例(内視鏡的粘膜切除術)


内視鏡症例数(過去5年)
  2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
上部消化管内視鏡(胃カメラ) 1949例 1793例 1947例 1747例 1784例
下部消化管内視鏡(大腸ファイバー) 880例 814例 802例 801例 851例

内視鏡治療症例数(過去5年)
  2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
大腸ポリ−プ切除 308例 322例 343例 288例 365例
早期大腸がん切除 (治癒切除) 10例 13例 15例 13例 5例
内視鏡的止血術 1例 4例 4例 6例 16例
異物除去 0例 2例 2例 0例 4例
胃瘻造設(新設) 6例 5例 3例 2例 2例


▲ページの先頭へ